「靴」と「インソール」の役割

足の形は人それぞれ。だから靴選びは
自分の足を知ることから始まります。

人それぞれに顔や体型が違うように、足の形(左右さえも)、歩き方、生活状況(仕事・家事・スポーツ等々)は一人一人違います。自分の足に合う靴を見つけるには、まず自分の足を正確に知ること。楽歩堂では、足をチェック・測定したデータをもとに、あなたの足にベストフィットする靴選び、インソールの製作をいたします。

楽歩堂が提案する「靴の買い方」は、
他の靴屋さんとは少しだけ違います。

眼鏡屋さんに例えると…

靴って、ただ『足の長さ』と『3Eや4Eなど親指の付け根の幅』だけで選んでしまっていいのでしょうか?例えば・・・眼鏡屋さんでメガネを買うときのように、自分の眼に合ったレンズを作り、フレームを顔に合わせます。このあたり前のことは大切な足にも必要です。靴も左右異なる足のために中敷きを作り、足と身体に合わせて靴を選びます。

インソール

お客様のそれぞれ異なる(左右さえも!)足と身体にフィットした靴を選び、その機能をサポートするのがインソールの役割です。足元の安定感を高めるため、インソールが担うその役割には4つのポイントがあります。

  • 1支え
    足の裏は平面ではないので、かかる圧力は部位によって大きな差が出ます。このような圧力を分散し減圧するのがインソールの役割。圧の軽減・分散により、皮膚が固くなったり、タコや魚の目などのトラブルを防ぎます。
  • 2圧の軽減・分散
    足は立体的な形をしています。立体的で複雑な動きをする足を支えるには、まず立位時にかかとの骨をまっすぐに保つことが重要。かかとを包み込む形状のインソールはそれを可能にします。
  • 3矯正
    疲労やケガなどによって、足本来の自然な形が崩れてしまうことがあります。そのままにすると、足だけでなく膝・腰など体全体へ支障をきたすおそれも。インソールで再び足本来の形に近づけることで、より楽しくラクに歩けるようになります。
  • 4導き
    歩く、走る、スポーツをする、etc...。人の動きには特徴があり、それぞれにふさわしい足・脚・体の動きがあります。インソールはその自然な動きへと導くことが出来ます。いわば、ガイド役です。

靴選び

楽歩堂オリジナルブランドを中心に、世界各国から厳選された楽歩堂のコンフォートシューズは、履き心地の良さはもちろんファッション性も高く、ビジネス、パンプス、ブーツ、サンダルなど、季節や様々なシーンに応じた豊富なデザインからお選びいただけます。

靴を選ぶのは、靴の先進国であるドイツのオーソペディーシューマイスター(整形外科の知識を持つ靴職人)に知識と技術を学んだ「靴選び職人」です。分析を元に、ひとりひとりの足にあった靴選びをきめ細かくサポートいたします。

LADIES

MENS

SPORTS

KIDS